冠婚葬祭は人生の節目のときでもありますので、大人になれば結婚式や葬儀といったことに行かなくてはならないことが多いです。しかしながらどうしても理由があっていけないときというのもあるので、結婚式であればお祝いの気持ちを祝電というものにこめるようにするのがマナーといえます。祝電は電話一つでお祝いのメッセージを結婚式の日に届けてくれますので、このメッセージには文章が苦手な人のための定型文やオリジナルで贈りたい人のものとコースがあります。また贈る祝電の商品にも今はカードのようなものではなく、ぬいぐるみやバルーン風船タイプなど形となったものが人気になっているのだそうです。これは形であることで結婚式場に飾ることもできますので、自分が贈った電報が結婚式の飾りとして役に立つということになることも好評になっています。

プリザーブドフラワーの祝電

最近は女性の習い事や資格そして結婚式やお店でも使われるプリザーブドフラワーですが、このお花は生花を加工したものでありインテリアや飾りのために使われることが多いです。特におめでたい冠婚葬祭の席でも良く見かけるようになっており、結婚式などのお祝い事の祝電にもこのプリザーブドフラワーのプランがあります。この祝電にはプリザーブドフラワーが箱や入れ物に綺麗に入っており、そこにメッセージをつけるという商品になっていますので見た目も大変華やかな電報です。結婚式などのお祝い事にはお花を贈るという習慣は昔からありますので、生花を贈れば枯れてしまいますしかといって造花というのもあまり気持ちがこもっている様に感じられません。そんなときこそプリザーブドフラワーの祝電であれば、一年から二年間くらいはいい状態でおいておくことができます。

親孝行したいときの祝電

親孝行ギフトが流行っているのだそうで、高齢化社会ということもあり親を大事にするということが大事な時代になっています。とはいっても急に親へのプレゼントを渡すのも照れくさい部分があるときに、高齢者にぴったりなうるしや和柄タイプの祝電を贈るということができます。親の誕生日や結婚記念日そして母の日や父の日など、親へギフトを贈るという日は一年間に何回かあったりするでしょう。そのたびにギフトを贈っていれば親からも悪いから贈らなくていいといわれるので、気軽に贈ることができる祝電であればどんなに忙しい社会人の人でも電話で贈ってあげることができます。このうるしタイプの祝電であれば箱の中にメッセージを入れることができますので、メッセージを読んだあとにはこの箱を小物入れや手紙入れなど色々な用途に使うことができます。

入学式などの行事に最適な商品をお選びいただけます。 宛名の記載や継承など、弔電作成の際の注意点もご確認いただけます。 人生の節目に伝えたい文例を800種類以上ご用意。用途に合わせて分類から簡単にお選びいただけます。 デザイナーズ電報シリーズ「DENPO×EVOLUTION」にはコシノジュンコも参加! 30件までの一括登録で大量お申し込みも簡単! 祝電のネット申込ならほっと電報