インクジェットのプリントは高くつくと聞いたことがある人もいれば、安いと聞いたことがある人もいるかもしれませんが、これはどちらも正しいということができます。その理由としては、メーカーはインクによって利益を出すような価格設定をしているので、本体価格は安くても継続して仕様をする場合の印刷にかかるコストは高くついてしまいます。しかし、これはあくまでも純正品を使用した場合の話であり、社外品を使用した場合にはかなりの安さまでコストを下げることも難しくありません。インクというのはそれ自体が高いものではありませんから、利益を載せようとしなければいくらでも安く作ることができるため、社外品を使用したときにはかなりのリーズナブルな価格で印刷をすることが可能です。

純正品だと費用は割高になってしまう

インクジェットによるプリントは、純正品を使用すると高くついてしまいます。理由としてメーカーは本体の売上ではなく、インクの売上で利益を得るようにしているのでインク代というのが非常に割高になっているのです。ただし、その分品質に関しては優れているので高性能の機器と組み合わせて頻繁に印刷をするという場合には、写真屋などにその都度持ち込むよりは安上がりで済むということもあるので、使い方次第では高すぎるということにはなりません。それでも格安で購入をすることができる社外品と比べた場合には、相対的に割高になってしまうというのは否めないため、リーズナブルとは言いづらいものになってしまいます。そのため、印刷にかかるコストは安くないというのは間違った話ではありません。

社外品を使うと非常にリーズナブルになる

インクジェットは安い社外品を使ってプリントをすると、非常にリーズナブルな金額にまで落とすことができます。本体の代金を回収する必要のない互換品を出している社外メーカーは安価でインクを提供することができるので、純正品と比較をしてはるかに安い金額でインクを販売しています。特に詰め替え用ともなれば純正品と比較をしてコストが十分の一以下にまで抑えることができるので、印刷コストはかなり安く済むことになるのです。ただし、社外品を使って生じた不具合はプリンターメーカーの保証対象外となってしまいますから、買ったばかりの機器が社外品を使ったばかりに壊れてしまったということになっては、逆に損をしてしまうことになります。可能性としては小さいものの、コストを抑えられる裏にはこのようなリスクが有ることを知っておく必要があります。