インクジェットプリンタは家庭で簡単にデジタルカメラの写真や文書などを印刷できる印刷機器で、価格もリーズナブルなタイプでスト1万円しないタイプもありますので、多くの家庭に普及しています。プリンターにはいくつかの種類があり、インクジェットタイプの他にはレーザープリンタがありますが、主に家庭用としてはインクジェットタイプが普及しています。印刷機器本体も買いやすい価格ですし、メンテナンスも殆ど必要なく、インクトナーもカンタンに取り換えることが出来る点がメリットで、高精細な印刷をすることが可能です。販売されているのは家電量販店やインターネット通販ですが、同じ製品でも販売されているショップによって価格はことなりますので、比較して購入するようにしましょう。

使う目的に合ったプリンタ選びが重要

プリンターを購入する時には、写真を多めに印刷したいのか、文書を印刷することが多いのか、一か月に何枚くらい印刷するのかなど、使う目的を明確にしておくと、自分に合ったプリンタを選ぶことが出来ます。プリントの画質はリーズナブルなモデルよりはハイエンド機種のほうが高精細なものが出力できますが、価格は何倍もしますので、用途に合ったモデルを選ぶのが重要です。リーズナブルな機種も、プリントの画質が悪いわけではなく、設定を変えることで高精細な印刷をすることは可能です。しかし、リーズナブルなモデルはハイエンド機種に比べるとインクのカラーが少ないため、色をつく能力はハイエンド機種のほうが優れています。大きく引き伸ばした写真を印刷する場合は、ハイエンド機種のほうがきれいにプリントできます。

口コミ評価を参考にするメリット

インクジェットプリンターにはインターネット上で多くのレビューが寄せられています。実際にプリンターを使ってみてユーザーが感じた点を良いことも悪いことも様々な意見が寄せられているため、機種選びの参考にするのに役立ちます。どのようなプリンターにもメリットとデメリットがありますが、コストパフォーマンスに優れた機種はどのメーカーでも人気です。コストパフォーマンスとは、購入する際のイニシャルコストと、買ってからのランニングコストで、どちらも優れている機種は多くのユーザーから高い評価を得ています。プリントの質は上質で、導入時の価格は安く、インクカートリッジもリーズナブルなモデルが近年人気で、インクカートリッジも純正以外の社外品でも十分綺麗に印刷できる機種もあります。