写真や書類などを作成するにあたって必ず必要になるものがプリンターというものですが、ただプリントアウトするだけでも二種類のプリンターがあります。プリンターにもそれぞれ独特の特徴があり、使用環境によってどちらを選ぶかが決まってきます。液体のインクを使って綺麗に写真などの発色をする事ができるインクジェットプリンターと、粉末状のトナーとよばれる染料を使用するレーザープリンターというものがありますが、どちらもメリットとデメリットが存在しています。今回はプリントをするならどちらを使った方がいいか、というクエスチョンに対し写真や書類などを綺麗にプリントする事ができるプリンターはインクジェットプリンターであるという事を詳しく説明していきたいと思います。

インクジェットプリンターの特徴

プリンターの印刷方法によって大きく二つに分けられる事を説明しましたが、先述のとおり写真など景色や人物などを美しく表現しようとした場合によく使用されるプリンターはレーザープリンターではありません。その理由を二つのプリンターの仕組みを踏まえて解説します。先述のとおり、液体のインクを使って直接そのインクを印刷面に吹き付けて描くものになります。一方レーザープリンターはトナーを使ってレーザーを感光体に照射したものに紙を押しつけて印刷します。それぞれの印刷方法の主な違いはこのような点ですが、インクを使っている方が断然細かいところまで表現しやすいので綺麗に繊細に印刷できます。レーザープリンターとはちがい、大がかりな設備も必要としない点も選ばれる一つの理由になっています。

選ばれる大きな理由とプリンターを選ぶコツ

インクジェットプリンターが選ばれる理由は説明しましたが、それを踏まえていいプリンターを選ぶコツをご説明します。このプリンターはレーザープリンターに比べとても経済的という点もおおきなメリットですが、実際インクや印刷のための設備も安くてコンパクトにできるのでお財布にもやさしいです。加えて、もっと経済的に使用したいとなった場合、インクの使用量を節約しても変わらずに美しい描写ができるという性能を持ったプリンターを選ぶ事が第一です。インクの使用量を抑えているのに綺麗な写真ができるというのは不可能に聞こえるかもしれませんが、最近では技術もあがりたくさんのブランドが節約するようなプリンターを開発しています。経済的に美しい写真をプリントする事ができるように賢くプリンターを選びましょう。