業務用エアコンは、一般的な家庭用エアコンと違ってパワーもあり壊れにくく、長期間使用することが可能であることが特徴的です。また、家庭用エアコンといえば、壁に取り付けられているものがイメージできますが、業務用エアコンは、デザイン面においてバリエーション豊富で、使用される場所や目的によって様々なタイプの業務用エアコンを選択できることが魅力的です。天井に取り付けるタイプやダクトを通して冷気を運ぶタイプなどいろいろありますが、タイプによって工事も複雑化してくる場合があります。ですので、業務用エアコンは気軽にルームエアコンのような壁掛けタイプを選びたいと考えている方もおられるのではないでしょうか。そんな方に、どのように業務用エアコンの壁掛けタイプを選べばよいのか、その方法について紹介します。

業務用壁掛けエアコンとその他のエアコンとの違いは

業務用のエアコンを設置しようと考えた際に、例えば天井に埋め込むカセットタイプのものを取り付けようとすると、事前に施工会社に相談した上で、工事の段取りを進めておかないと、場所によっては設置できない可能性も出てきてしまいます。また、床置き型のエアコンを置いてしまうと、それだけ床面積が抑えられてしまうので、スペースの有効利用ができなくなってしまいます。ですので、小さな店舗やオフィス、事務所などでエアコンを使用するときは、壁掛けタイプの業務用エアコンがおすすめされます。また、業務用エアコンの場合、家庭用エアコンに比べて電気代の基本料金が高くても、使用量に対してあまりお金がかからないので、賢く利用すれば家庭用エアコンを複数設置して使用するよりも、お得で快適に過ごすことができます。

業務用壁掛けエアコンが最適な場所とは

業務用エアコンの壁掛けタイプを選ぶことによって、他のタイプの業務用エアコンよりも比較的取り付け工事が容易で、設置にかかる費用を抑えることが可能なのはメリットではありますが、馬力が4馬力までしか対応していないものが一般的です。天井タイプと比べても気流を一方向に出すことになるので、広範囲にわたって冷気を送り出す場合にはあまり向いていないので注意が必要です。大規模オフィスやホールといった場所よりも、小さな店舗や事務所などで使われることが多いので、使用したい場所によって慎重に決めていくことが重要になってきます。それで問題がなければ、家庭用エアコンよりも風量は大きくなりますし、フィルター掃除などのメンテナンスもしやすいので、壁掛けタイプの業務用エアコンを選ぶと良いでしょう。