最近では、夏は猛暑が続き、必ずと言っていいほど熱中症患者が続出し、冬は冬で暖冬と言いながら、大雪が降ったりします。そこで、エアコンは必要不可欠のものとなっています。エアコンは嫌いな人も多いですが、適度な環境にいても熱中症になりますので、エアコンも適度に使いながら快適な環境に身を置きましょう。大体の家庭では家庭用の壁掛けエアコンを使用していると思いますが、実は業務用で壁掛けのエアコンもあります。壁掛けタイプというのは一番スタンダードなもので、業務用ではなくとも一般家庭でも多く使用されています。業務用の良いところは、人感センサーで動きます。だからと言って、人に直接風を当てない為、エアコン嫌いな人にとっては良いでしょう。さらに、業務用のエアコンというのは部屋の温度管理だけでなく床の温度管理もしている為、エアコン近くの温度と床付近の温度に差がある際、空気を回して温度を一定にしてくれます。

業務用の壁掛けエアコンの省エネ機能

業務用のエアコンと聞くと、馬力も大きく電気代も莫大な金額だと思われがちですが、実はとても省エネで電気代が削減できたりするのです。まずは、業務用の壁掛けのエアコンは吹き出し口が広い為、部屋を早く快適な気温にしてくれます。そして快適な気温になったら、あとは人感センサーが働いて、外から室内へ入ってきて体温が高い人を一気に快適な気温へ導く機能も付いているものもあります。中にはスマート学習機能と言って、電力のピーク時が登録されており、その時間にはあまり電力を使わず快適な気温を維持し続けたりできる為、必要最小限の電力で室温をキープできたりするのです。そして、エアコンの吹き出し口からは花粉やほこりが舞ったりするという事もよく聞かれる為、エアコンとは別に空気清浄機を置くばあいもありますが、エアコンに空気清浄機が搭載されているものもある為、空気も同時にキレイにしてくれるのです。

業務用の壁掛けエアコンを選ぶポイント

業務用の壁掛けのエアコンを選ぶポイントとしては、室内に応じて馬力を選ぶ必要があります。家庭用の場合、6畳用や8畳用など部屋の広さによって大きさも違い、また馬力も違います。それと同じで、業務用のエアコンも部屋の広さによって馬力を選ぶ必要があるのです。そして、取り付けする所の業態で選びます。カフェやレストラン、居酒屋や鍋のお店、バーなど、室内が暑くなるような環境の場合は馬力の高いものを選択する必要があります。そして、居酒屋や焼き肉屋など、火も多く使用し、人の出入りも激しく、またタバコや肉を焼く煙など空気が多く汚れるような環境に使用する場合、エアコンもそれだけの空気を吸ってしまっているということです。それゆえにフィルターが汚れるのも早く、エアコン自体の消耗も早いので、そういう場所に置く場合は、空気清浄機機能搭載でさらに馬力が少し高めのものを選択すると良いでしょう。